宿泊人間ドックでの必要書類

twitter google+ LINE はてなブックマーク

郵送で届いた書類にはいくつか記入する箇所があります。他の方に書いてもらう書類もありますので、早め早めに対応しましょう。

保証人の記入欄

まず、一番最初に準備しておきたいのが保証人です。

宿泊人間ドックは高額な料金となっているため、病院側も支払いできない人がいることを考えてか、保証人を要求してきます。

書類に保証人を記入する紙がありますので、保証人になってくれる方に連絡を取り、サインと印鑑など、必要事項を記入してもらいましょう。



ドック質問票

次に、ドック質問票も早めに対応しておきたい書類です。

主に、病院歴や、現在の症状などを記入していきます。

その中に、両親兄弟の病状に関する質問項目があります。

どういった病状なのか、亡くなられた方はその時期とどういった症状だったのか、ということを記入します。

家族と同じ病気になりやすいという傾向があるため、ここを記入しておくことで入念にチェックしてもらえると思われます。

現在の自身の病状に関しては、名前がつけられている病気に関してはチェック項目がありますが、自由記入欄もありますので、体のことで気になる部分がある場合は、できるだけわかってもらえるように詳細に記入するとよいでしょう。

単に足が痛い、とかではなく、足のどこどこがどういった形でどういうような状況の時に痛む、といったような具体的に書きましょう。

入院申込書、入院誓約書、同意書

あとは普通に名前などを記入する書類のみになりますので、記入欄を記入し、印鑑を押すところは押して、書類の準備は完了です。当日、持っていき忘れないように注意しましょう。