四日目午前:聖路加国際病院1週間宿泊ドック体験記

twitter google+ LINE はてなブックマーク

8時以降に体温、脈拍、血圧を計ります。

その後、食事です。

翌日に大腸の検査があるため、この日は軒並み流動食となります。流動食とは、主に消化に良いものを中心としたメニューで、おかゆなどが中心となります。

前日の続きで24時間蓄尿検査を引き続き実行します。すべての尿を指定された袋に入れていきます。

24時間経過したら看護師が来ますので、それで24時間蓄尿検査は終了です。

今日は脳神経外科の診察がありました。9階の宿泊ドック宿泊エリアにある診察室にて行われます。

脳神経外科診察

頭部MRI・MRA、頸部超音波検査の映像を用いて検査内容を説明してくれます。

首から脳に向かう血管に詰まるようなところがないかどうかや、脳の状態に異常がないかが判断されます。

12時になったら昼食です。翌日の大腸検査のため、流動食です。