三日目午後:聖路加国際病院1週間宿泊ドック体験記

twitter google+ LINE はてなブックマーク

三日目午後です。検査が続きます。

午後は肺機能検査、負荷心電図検査、そして口径外科を申し込んだ場合は口径外科も受けます。口径外科は別料金になりますので、日頃歯医者に行っている人は無理に受けなくてもよいでしょう。あまり行かない人は、これを機会に受けておきましょう。

肺機能検査

機器に向かって息を吸ったり吐いたりします。

肺活量などを計ることができます。

口に機器を加え、鼻はクリップで挟み、閉じられます。鼻から息ができないようになります。

肺に息を溜め、全部吐き出していく検査と、同じく肺に息を溜め、一気に吐き出す検査の2通りを行います。

一気に吐き出す検査は、遠慮なく吐き出さないと意味がありませんので、思いっきり吐き出しましょう。

負荷心電図検査

上向きに寝転がります。両手、両足首、胸に装置を取り付けていきます。

付ける部分にはアルコールで一度拭かれます。

胸は6か所に、吸盤のようなものを取り付けます。

検査をしたら取り外され、そばにある踏み台で踏み台昇降運動を行うことになります。これは3分行います。

その後、再び最初と同じく装置を付けられ、心電図検査を行います。

検査が終わったら終了です。

年配の方は踏み台昇降運動が辛く感じるかもしれませんが、その際は看護師に伝えましょう。

口腔外科

歯を見てもらいます。

うがいをした後に、歯のチェックをされます。

また、口周りのレントゲンを撮ります。これで終了です。後日、口の中の清掃やレントゲンを見ての診察が行われます。

おやつが15時頃に出ます。

部屋に戻ったら、血圧のチェックが行われます。

18時以降に夕食です。ここでも指定したものが出てきます。

食後、主治医の回診があります。

そして21時前には看護師の見回りがあり、終了となります。