二日目午後:聖路加国際病院1週間宿泊ドック体験記

twitter google+ LINE はてなブックマーク

二日目午後です。

午後もさまざまな検査が組み込まれています。

眼科検診

目の検査です。

機器の中を覗いて、中にある絵を見る検査や、目に風を吹きかける検査、視力検査、強めの光を当てる検査などがあります。医師による目の検診もあります。

目に風を吹きかける検査は、目に突風が入るような感じになりますので、抵抗があるかもしれません。特に、その風が来るまで目を開けておかなければいけないため、この目を見開く状態が辛く感じます。

強めの光を当てる検査も同様に、目を開けておかなければいけないので、疲れます。手早く撮影してくれればよいのですが、いろいろと調整があるようで、すぐに撮影とならないため、瞬きしてしまい、撮影が失敗になりやすいです。

視力検査は、ひらがなを読ませたり、上下左右の指示をする検査です。

いずれも痛みはないものの、見開くのが辛いというものはあります。

終わったら部屋に戻ります。

15時くらいにおやつがでます。

18時前に体温、血圧、脈拍を計ります。

また、回診として主治医が話を聞きに来ます。何か尋ねることがあったら聞いておきましょう。

18時に夕食となります。

翌日に経口ブドウ糖負荷試験があるため、23時以降は飲食が禁止となります。なお、お茶やお水は飲んでも構いません。

21時前には看護師が見回りに来て、本日は終了となります。