何歳から人間ドックを受けるべきか

twitter google+ LINE はてなブックマーク

人間ドックを受ける年齢は特に決まっていません。

そのため、基本は体に不調が出た時となります。

単なる風邪とかでしたら、かかりつけの医師に相談すればよいのですが、どうも表面的な問題だけでなく、体の中から問題が発生していると思うようでしたら、人間ドックを受けることをお薦めします。

ただ、年齢が高くなるにつれて、体内での疾患が多くなる傾向があります。

そのため、一定の年齢に達したら、必ず受けに行くようにしましょう。

この一定の年齢に関してですが、たいていの市町村は、一定の年齢に達したら市町村の負担でいくつかの検査を受けるような指示が出ます。その指示をひとつの目安にすると良いでしょう。

この市町村が対応する検査は限定的ではありますが、その検査で問題があると判断されたら、本格的な人間ドックを受けるというのも良いでしょう。

このほか、会社勤めでしたら会社で受けられる定期検診はしっかりと受けましょう。

時々、面倒くさがって受けなかったり、検査の一部を嫌がって受けないという人もいるようですが、せっかく無料で受けられる検査なのですから、受けられるときに受けることをお薦めします。

会社勤めでない場合は、なかなか自らで人間ドックに足を運ぼうとは思わないかもしれませんが、40歳になったら一度本格的にチェックしてもらうのも良いでしょう。